お知らせ News

2021.03.08 お知らせ

日本薬剤師会薬事関連情報評価・調査企画委員会「患者の薬物療法の把握及び検査値を用いた薬剤師業務に関する研究」への協力について(お願い)

平素より、本会会務に格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。

日本薬剤師会 薬事関連情報評価・調査企画委員会では、薬剤師業務について正しい評価を受けるために、業務を可視化する活動をしております。具体的には論文等公表データの情報収集・評価、薬局薬剤師業務のエビデンス構築及び医薬品適正使用に関する調査研究等の事業を行っているところです。

この度、「薬局における患者の薬物療法の把握及び検査値を用いた薬剤師業務に関する研究」を2021年3月に実施することといたしました。患者の薬物療法に関する情報を薬局が一元的に管理している状況を調査し、あわせて検査値に着目した患者情報の状況の調査を行うことにより、薬局における患者情報収集の意義の理解が高まり、薬物療法の質的向上につながると考えております。

本研究は下記の期間で実施する予定です。実効性のある研究とするためには、より多くの薬局に参加していただくことが必要です。

つきましては、年度末のご多用の折、誠に恐縮には存じますが、本研究の趣旨をご賢察の上、下記要領にて本調査にご協力くださいますようお願い申し上げます。

研究の名称:
薬局における患者の薬物療法の把握及び検査値を用いた薬剤師業務に関する研究

研究の手順:

(1)対象患者:2021年3月16日に処方箋を受付けた全患者

(2)報告期間:2021年3月17日~4月15日

(3)報告の方法:
日本薬剤師会ホームページから、「日本薬剤師会の活動」>「調査研究・報告書等」にアクセスして報告(https://www.nichiyaku.or.jp/survey2021/
※上記の日薬サイトから記録用書類(PDF)及び報告用ファイル(EXCEL)をダウンロード~印刷し、調査実施後に必要事項を入力のうえ、報告用ファイルを指定のURLにアップロードする。

(4)報告の内容:
 ①薬局施設情報(別紙1)
 ②調査票1 薬局に関する情報(別紙2)
 ③調査票2 対象患者情報(別紙3)

一覧へ戻る